島村楽器 イオンモール姫路リバーシティー店 シマブロ

島村楽器 イオンモール姫路リバーシティー店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

アコースティックギターレビューvol.1

ギターブロンズマスター上崎のアコースティックギターレビューvol.1

こんにちは姫路のアコギソムリエこと上崎(うわさき)です。アコギのことならお任せ下さい!が口癖の三十路手前の副店長、独身です。

さて今回始まりました、ギターブロンズマスター上崎のアコースティックギターレビューvol.1ですが、私、上崎がこれまで数々のギターを手にした経験を元に当店のステキなギターやお取り寄せ可能なオススメギターをご紹介しようというコーナーです!

アコギ好きならきっと楽しんで頂ける内容になるはず!です。是非お付き合い下さい。

第一回は三本ご紹介。まず一本目は私がわが子のように可愛がってきたギター、フォルヒ・D-20SMです!

とにかく鳴るギター!なのにお値段はリーズナブル!

フォルヒD-20SM 定価:¥157,500 販売価格:¥126,000

フォルヒ・D-20SM

TOP:スプルース単板

SIDE&BACK:マホガニー単板

ハードケース付

「予算10万円で一番鳴るギターは?」と聞かれると迷わずコチラをオススメします!(若干オーバーしてますが…)

このギターに出会ったのは一年前、アコギの博覧会ことサウンドメッセ(今年も大阪で開催されます、一般参加可!詳しくは上崎まで)でアコギを弾き倒していたところ…(笑)爆鳴りの爆安だったのがこのギターだったのです!

正直、高くても鳴らないギターが多い中、このギターの鳴りは衝撃でした。

その場で姫路店導入を決断!おかげさまで本日までご好評頂いております。

ある小さなライブで、フォルヒを使用していた方がいらっしゃったのですが、最前列の観客が「あのギター、音めちゃくちゃいいなぁ!」とうなっていらっしゃった、ということもありました。

歯切れの良い音が鳴るので、弾き語りの方にオススメです!ストリートライブには最適!!

では二本目。一本目が弾き語り向けだったので、次は指弾き・ソロギタリスト向けのギターをご紹介。ヒストリー・NT-C3です。

独特のカッタウェイボディは全て手作り!職人の愛を感じる一本です。

ヒストリー NT-C3 定価:オープン 販売価格¥195,000

ヒストリー・NT-C3

TOP:スプルース単板

SIDE&BACK:ローズウッド単板

ハードケース付

当店でベストオブ「値段の割りに手がかかっていて、この価格で大丈夫か?」ギターです(笑)。気になる方には価格が上がらないうちにご購入して頂きたいモデルです。

このギターの独特のカッタウェイ(ボディ右上の削れた部分…念の為)は普通の形状よりも、より演奏時に干渉が少なく、ハイポジションの演奏がとてもスムーズにできます。

上記の通り、このボディ形状は職人の手作り!このギターは製作過程を工場で見てきたのですが、熱した鉄の棒をあてがって少しずつ少しずつ木を曲げていました。とても時間のかかる作業で、一日に数枚しか作れないそうです。

サウンドは一音一音がツヤのあるサウンドで、単音で鳴らしても伸びやかな美しい音色です。

やや小ぶりで持ちやすい形ですが、意外と低音もしっかりしています。綺麗な旋律を奏でてほしい一本ですね。

最後にお求め安いギターをご紹介。見た目で勝負ならコチラ!アプローズ・AE148です。

この価格でこのルックス、そしてエレアコというのがまた良いですね!ライブで即戦力です。

アプローズ AE148 (カラー:ハニーバースト) 定価:¥59,850 販売価格:¥44,900

アプローズ・AE148

TOP:スプルース

SIDE&BACK:カーボン

ソフトケース付

「やっぱりギターは見た目!ギター弾けるってすごくかっこいいのに、ギターがダサければ意味ないじゃん!」…とどこかの無名ミュージシャンが言っていました(笑)

少し同感です!かっこよさって大事。このギター、そんなに鳴りません。別に持ちやすくもありません。でもかっこいいんです。それだけで価値のあるギターです。…実は私も持ってます(笑)

以上、アコギをこよなく愛す上崎のアコースティックギターレビューvol.1でした。

次回のレビューもお楽しみに!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.