島村楽器 イオンモール姫路リバーシティー店 シマブロ

島村楽器 イオンモール姫路リバーシティー店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【HOTLINE2014】姫路店予選ライブレポート!7月13日~姫路を揺るがす若手枠~

こんにちは。ワイシャツの胸ポケットにいつもボールペンを挿しているので、気が付くと黒いしみが付いている姫路店の白井です。
洗濯しても汚れは落ちませんでした・・・

さて、そんな自業自得でうまれた憂鬱も吹き飛ばす、島村楽器夏の一大イベントといえば!?

そう!HOT LINEです!!

今年もやってきたアツいイベント「HOT LINE!」

今年も来たぜこの季節!

BUMP OF CHICKENSPYAIRなど数多くのミュージシャンを世に送り出してきた、島村楽器主催の大型ライブコンテスト「HOT LINE」
]毎年そのアツい想いをぶつけるために、姫路店でもたくさんのミュージシャンの方々がご参加されています。

でも今日の店オーディションは一味違う!?

本日ご出場いただいた三組はなんと全員10代!!

この構図もどっかで見たことあるなぁ・・

現役高校生や、昨年高校を卒業し専門学校に入ったばかりの人もいらっしゃいました。

しかも皆さん活動拠点が姫路市内!まさに「姫路から世界の音楽を揺るがす次世代アーティスト」が集った今回のHOT LINEショップオーディション。

それでは簡単にレポートしていきます!

丸山誠太

せいた!初舞台おつかれさま!

普段は高校の軽音楽部でベースを弾いている彼。ひと月前からアコギ弾き語りを始め、今日が初舞台でした!

曲は住岡梨奈さんの「言葉にしたいんだ」。
原曲キーでの歌唱。さらには転調が入るという、初心者にとってはなんとも難しい一曲での挑戦でしたが
分からないコード進行や弾き方を尋ねに何度も学校帰りに店に立ち寄り、スタッフと一緒に練習した結果、見事一曲歌いきりました!

7月30日開催の第5回姫路店予選もバンドとして出演しますので、本当に楽しみなシンガーです!

LAXⅢ(Late At Thirteen)

なんかふざけてくれといったらジョジョポーズを取ってくれました。

今年2月結成。
「13時から始まる練習に必ず誰かが遅刻する」というどこかで聞いたことあるような実体験がバンド名の由来だそうです。

楽曲は両方オリジナル「Help!」と「Demonstration」
普段なかなか練習できない環境にありながらも
精力的に活動している彼らのサウンドは若さと活気に満ち溢れていました。

機材紹介

ギターはPRS SEのカスタムシリーズを二人で持ち回り。

ひとつのギターを持ちまわしてました。

足元もドライブとZOOMマルチエフェクターを使用。
それぞれの曲にあった設定をあらかじめ設定してたくみに使い分けてました。

そしてベースはSXのワンハムタイプ。

野太いこのサウンドはインターネットで購入したそう。

ピッキングとの相性も最高で、バンドサウンドをしっかり支えていました!

plaNktoN

何かの原点になりたいので、生態系の原点の名前をつけたそうです。

結成一年。姫路BETAでのワンマンライブなど今ノリにノル若手バンドが姫路店初登場。

ドラムのキレのよさ、そしてPRS SEでそろえたエレキギターのサウンドは粒たちも非常によく、今にも爆発しそうな空気に会場のお客様も総立ち!

機材紹介

重厚なバンドサウンドでも存在感を出すために胴が薄めのスネアを使用。

音抜けを良くする為に胴が薄めのスネアを使用。シオンくん

ドスの効いたサウンドでも高音部分をしっかりと出せることで、バンド全体のバランスが非常によくなっていました。

さらには自身の叩き易さを重視するために自前のタムラックを持参してくれました。

自前のタムラックを持ってきて本番に挑んでくれた紫苑君のオフショット

皮を地面と平行に近いぐらいにする事で強弱やアタックもつけやすかったです。

ギターのお二人はどちらもPRS SEを使用。

ソロが際立ちました。キムチ

バッキングだけでも甘い笑顔で観客を魅了したコカッチ

基本的に写真上の木村さんはリバーブチューナー。写真下の小門さんはHughes & Kettnerのチューブマンを主に使用。
ドライブかけっぱなしでしたが、それでも音の立ち上がり・粒が非常にはっきりとしていました!
相当練習してるんだろうなぁ・・・

ベースはFenderJapanのジャズベース!

本番直前にベースが壊れてしまったモッチ

ベースは本番数日前になって調子が悪くなってしまったみたいで、仲良くしている音楽スタジオのオーナーからお借りしたんだとか。
こんどライブではいいベース担いで出演しましょうね!

しかし本日は「期待の若手枠」ということで本当に多くの観客の方々にお越しいただきました。

観客の皆様とも一枚!

ご来場頂き本当にありがとうございました!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.