読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール姫路リバーシティー店 シマブロ

島村楽器 イオンモール姫路リバーシティー店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

第二回 出張メンテナンス『島村屋』!姫路市立姫路高等学校 フォークソング部に行ってきました!!

~出張メンテナンス『島村屋』再訪問~の巻

こんにちは!イオン姫路リバーシティ店の久保(クボ)蒲池(カマチ)です!


今日は、前回6月にお邪魔させていただいた、
日頃からお世話になっている姫路市立姫路高等学校 フォークソング部様

第二回ギターメンテナンスということでお邪魔してきました!!


■前回のレポート
himeji.shimablo.com

前回は初めての訪問で緊張&不安があったので、メンテナンスで精一杯だったのですが、



今回は姫路市立姫路高等学校 フォークソング部様の活動実態に迫りながら
レポートしていきます!
しばしお付き合い下さいませ..m(_ _)m



さて、前回同様わたしたちがメンテナンスさせて頂く場所はフォークソング部様の部室なのですが、
部室の中を見渡していると、随所に部の皆さんの繋がりの深さが感じられるものが

誕生日の部員へのお祝いメッセージや
f:id:shima_c_himeji:20151007183732j:plain

部員の似顔絵や写真が貼られていたり
f:id:shima_c_himeji:20151007184002j:plain


学生時代に戻りたいと節に思いながら

胸がキュンキュンしてしまいます。。人;ω;)・・


そんな皆さんの大切なマイギターがずらりと並ぶギターラック
こんな風に 保管されているんですね..!

f:id:shima_c_himeji:20151007184524j:plain



と、そんな活動実態に触れながら今日も張り切ってメンテナンススタート!!!


なんですが、さすがにこの量を見ると嬉しいながら、少し怖気づいてしまいます・・(笑)
写真に写っているのはごくごく一部ですからね・・(笑)

f:id:shima_c_himeji:20151007185139j:plain



もこんなにたくさん用意しました!泣
f:id:shima_c_himeji:20151007185832j:plain



いやいや、、そんなこと言ってられない、、と仕事モードで
必死にメンテナンスしていた結果!!!


f:id:shima_c_himeji:20151007185447j:plain

必死すぎてメンテナンス中の風景は久保の写真一枚となってしまいました。。苦笑


結果から言いますと、

皆さん「弾き易くなった!」とか「音が良くなった!」と大変喜んで下さいました!


感動です。。。!!!

ばっちりメンテナンスさせて頂いたギターで皆さんさっそく練習を始めるなか、
今回はフォークソング部様の実態に迫る!ということで、

顧問の太田先生との対談を行いました!
以下対談内容です↓↓

一年、二年生合わせて50名以上在籍するフォークソング部をまとめる
顧問:太田先生
f:id:shima_c_himeji:20151007192409j:plain

久保「前回に引き続きお忙しい中、貴重なお時間を頂戴しましてありがとうございます。現在、部員総数が50名を越える大所帯となっておりますが、その練習風景を拝見させていただきますと個人やユニットでの練習が多いようにお見受けしますが、どのようにご指導されているのですか?」

太田先生「基本的にはユニットごとの練習を見て回るようにしておりますが、私からああしなさいこうしなさいと言うことは言わず、『自主性』を持たせる目的で、自分達から私のところに演奏をチェックしてもらうよう進言する指導を心がけています。」

久保「なるほど…『自主性』ですか。確かに皆さんの練習を見ていると生徒さん同士でのコミュニケーションが豊富かつ、練習自体がただの反復ではなく、どこをどう修正するかを細かく話している場面を何度もお見かけしました。何が生徒さんたちのモチベーションに繋がっているんですか?」

太田先生「年間6回の大きな演奏会イベントがあり、その時には必ず部内でのオーディションを行っています。そこへの目標感が大きいと思います。演奏するからにはクオリティを上げなければなりませんし、残念ながら全員を出させてあげられる訳ではありませんので、オーディションは部内の競争意識も強まると同時に全体のレベルアップにも繋がり、良い刺激となっています。」

久保「年6回ですか…多いですよね。」

太田先生「それ以外も、近隣のイベントや介護施設への訪問もありますから、もっともっと発表の場は多いですよ。今月や来月は少ないですが、大体月に1回はやってますよ(笑)。」

久保「うわ~、、、そんなにですか!?そりゃ皆さんのレベルも高いわけだ。感服いたしました。ちなみに、年6回の大きなイベントの時は部員50人ですから、オーディションもさぞ…」

太田先生「ええ。多い時なら20組くらいエントリーしますよ(笑)。」

久保「ひゃ~・・・20組ですか。。。。先生のご苦労お察しします。」

太田先生「いえいえ。慣れたもんですよ。」

久保「そうなんですね・・・。」と言いつつ、太田先生だからこそ成せる所業だと感じました。

f:id:shima_c_himeji:20151007203331j:plain


久保「ちなみに、ユニットはどういった風に決めてらっしゃるのですか?」

太田先生「基本的にはいろいろシャッフルしますが、毎年この10月中旬に大体固める感じにしています。2年生が修学旅行に行きますので、残った1年生も年間最大のイベント6月の姫高祭(文化祭)に向けたユニットをこの時期に決定し、そこからはまたオーディションと本番の繰り返しですね。」

久保「なるほど。そうやって脈々と受け継がれてきた姫路高校のフォークソング部の歴史を、私達も今後かげながら応援させていただきます。本日は長いお時間ありがとうございました。」

太田先生「ありがとうございました。」


その後は副部長のお二人との対談!
以下対談内容です↓↓
副部長:大浦くん、嶋崎さん

f:id:shima_c_himeji:20151007194247j:plain

蒲池「副部長はいったいどんな役割を担っているのですか?」

大浦くん「基本的には部長の補佐ですね。あとは他の部員の練習のアドバイスをしたりですかね」
嶋崎さん「大浦くんが男子のまとめ役で、女子のまとめ役が私、みたいに役割が分かれているんです」

蒲池「なるほどね、それは良い棲み分けかもしれないですね。ちなみに副部長で大変だなと思うことは?」

大浦くん「なにかってときに副部長だからと任されることですかね、今みたいに(笑)」

蒲池「こらこら(笑)では、逆に嶋崎さんは副部長で良かったと思うことはありますか?」

嶋崎さん「副部長になって良かったと思うことはまだない(笑)でも、私たちは老人ホームにも周ったりして演奏しているんですけど、そういった場でMCする機会が多く、自分の成長に繋げられるかなと」

蒲池「そういった取り組みもされているんですね。今後もフォークソング部の活動に目が放せませんね!貴重なお話ありがとうございました!次回は部長さんとの対談もよろしくお願いします」


対談が終わって気付いたのですが、私たち、、、より一層フォークソング部さんのファンになっていました!!
今後もサポートさせて下さいね(/□\*)



そんなこんなで残りの時間は練習風景をパシャリ!きらーん

f:id:shima_c_himeji:20151007202144j:plainf:id:shima_c_himeji:20151007202150j:plainf:id:shima_c_himeji:20151007202156j:plainf:id:shima_c_himeji:20151007202159j:plainf:id:shima_c_himeji:20151007202202j:plain


オフショットも!どーん
f:id:shima_c_himeji:20151007202305j:plain


今回も快くご協力いただきました顧問の太田先生、フォークソング部の皆様本当にありがとうございました!
今後も皆さんの音楽ライフをがっつりサポートさせていただきます!


全員では集まれなっかったのが残念ですが、最後は太田先生も一緒にみんなで。。。恒例の・・・・(笑)


はいっ!チーーーズッッ!!!!!

f:id:shima_c_himeji:20151007202511j:plainf:id:shima_c_himeji:20151007202521j:plain

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.